深味がある美しい艶と風格が魅力的なラッカー塗装 まず、最初に指板(しばん)についてですが、指板はフィンガーボード、フレットボードとも呼ばれますが、ネックの表面に貼られたパーツ(木材)のことを言います。 下の写真が指板(しばん): 拡大すると・・この指板の上に弦が来る形になります。 指を乗せる部分になるので、指板、または、ファインガーボードと言います。 冒頭でも書かせていただきましたが、指板に使われる木材としては、「ローズウッド」、「メイプル」、「エボニー」の3つが最もポピュラー、一般的な木材になります。 この … たかがクロス、されどクロス 今回はいわゆるポリッシングクロス、クリーニングクロス ... Gibsonのカスタムショップとヒスコレのシリアルナンバーの解読方法 Gibso ... ボリュームペダルをつなぐ順番で使い方・効き方が変わる! 今回はエレキギター・ベー ... トラスロッドによるネック反りの直し方! 今回は、エレキギター・ベースにおけるトラ ... レスポールというエレキギター カラーだけでなく、仕様の違いにより様々なバリエーシ ... マホガニーの項目に「和名では紫檀」とありますが、 ローズウッドは、ギターベース問わず大部分の楽器に使用されている最もメジャーな指板で、音の立ち上がりはあまり鋭くはありませんが、そのぶん暖かみのある自然な音の出方をします。 音の輪郭やバランスにも優れています。 ギター・ベースの指板やアコギのサイドバックによく使われるマホガニー。 マホガニーはギターやベースで使われる材の中では比較的軽量で、柔らかく加工性も優れた木材です。 外観的には赤みがかった茶色・褐色で、導管が太いのが特徴。 写真④のベースは、なんのサブでもなくて独立したモデルで、ドロップのメイン・ベースと同じ仕様で指板をエボニーにしてる。レギュラーのメインとドロップのメインで使っているベースを合体させたようなモデルを作りたくてこれを作ってみたんだ。 指板(フィンガーボード) ネックの表面部分で、主にメイプル(白)やローズ(茶)の木材が使用されています。形状(指板のアール)、材質、塗装の仕上げ、見た目、手触り、そして音質の違いがあるので、自分の好みに合ったものを選びましょう。 ストラトキャスター好きの皆さん、指板はメイプル派ですか? ローズ派ですか? ところで音がどう違うのか、きちんと試したことはありますか? ないですよね? というわけで、地下実験室で試してみました。 ローダウンチューニング・ドロップチューニングとは、... ポットのAカーブとかBカーブCカーブとか、どんな違いがある? ネック(エレキベースパーツ ベース)の新品・未使用品・中古品なら、ヤフオク!。ヤフオク!は常時約5,000万点以上の商品数を誇る、誰でもかんたんに売り買いが楽しめるサービスです。圧倒的人気オークションに加え、フリマ出品ですぐ売れる、買える商品もたくさん! ギターのベースのみならずのエフェクターやアンプ... K.YairiとS.YairiとA.Yairiって何が違うの? 自分の好みのネックを自分の手で形にしてみませんか!ネック材・指板材・工具の紹介・必要なギターパーツ・作り方・オイルフィニッシュ塗装の 手順を解説しています。またギターワークスがお勧めする国産ギターネックもご案内しています! 紫檀は一般的にローズウッドの和名でないでしょうか。, リッケンバッカーはオールメイプルの代表的メーカーなので紹介しても良いかと。 プレイヤーが求める総てが凝縮されたジャズベースは、瞬く間に世界中に広がっていきました。ジャズベースの誕生が、音楽史の新たな道しるべを創ったといっても過言ではないでしょう。ジャズベースという名前とは裏腹にロック、ソウル、ブルース等のあらゆる音楽に見事にフィット。正にエレクトリックベースの完成系として世界中のプレイヤーに今尚、最高のベースという不動の地位と共に愛され続け、求められ続けてい … ベース弦は材質や巻き方、太さなどによって弾き心地やサウンドが異なります。また、コーティングした特殊な弦もあるため、それぞれの特徴を理解して選ぶのが重要です。特にベースのスケールに合わない弦は張れない場合もあるので注意しましょう。 FENDER JAPANはシリアルナンバーで製造年代が判別可能 ベースの弦を交換したいんだけど種類が多すぎて選び方がわからないって事ないですか? 太さや長さ・材質・形状など、それぞれに違いががあるので、適当に買ってしまうと後悔することになりかねません。 今回はベース弦の種類と選び方をご紹介したいと思います。 エレキギターを初めてある程度弾けるようになってくると、エフェクターを使ってみたく ... 多くのギタリスト、ベーシストから支持と信頼を一身受けるBELDEN(ベルデン)は ... 父の日のプレゼントにお悩みの方、多いのではないでしょうか。 もしお父様・旦那さん ... 東京事変の楽曲も含め、どれをとってみても名曲ばかりの椎名林檎さんの作品群。 中で ... エレキギター・ベース用のアンプがあるとふと思うこと。 「 ギターアンプやベースア ... 他のボディー材と組み合わせて使うことが一般的で、メイプルのみでボディーを構成することはあまりない木材. ボディ材質: バスウッド: ネック材質: メイプル: 指板材質: ローズウッド: フレット数: 20: コントロール: 2volume 1tone: 特徴・備考: 深みのあるキャンディアップルレッドに、エアロダインの代名詞的なバインディングが映えます : 特徴・備考 リアルナンバーの読み方・見方と製造年代, 【初心者向け】超簡単!アコギの弦交換方法. セミホロウボディなのでメイプルでも軽いですよ~, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 初めての歪みエフェクター、ディストーションかオーバードライブで迷うならコレがオススメ!. FENDERもまた、シリアルナンバーで製造年を知ることができ... 初心者の方にとって、セルフメンテナンス最初の難関がアコギ弦の張り替えです。 バンドなどで主に低音部を担当する「エレキベース」。ドラムと並んで演奏時のリズムを刻む重要な楽器のひとつです。さまざまな楽器メーカーがエレキベースを展開しており、その種類や特徴はさまざま。そこで今回は、エレキベースのおすすめモデルをご紹介します。 エフェクターのつなぎ方ではずせないテクニックの一つが、ギターアンプ・ベース... ネックをはずしても製造年代はわかるけど…… ネックの表面に貼られた薄く長い木片。演奏時に弦を指板に押さえつける位置を変えることにより、振動長を変え、結果的に音程が変わる。フレットは長期間の使用に伴い摩耗して、ビビりが発生する。この際、フレットの打ち直しが必要となる。 ギターやベースを構成する木材の材質、素材が変わっても、ピックアップか同じであれば基本的な音質は変わりません。 ただ、サスティンと呼ばれる音の伸び、さらには楽器自体の鳴りから反映されるプラスアルファの部分で変化が起きます。 FENDER JAPANのシリアルナンバ... Gibsonのシリアルナンバーの見方・読み方・解読方法まとめ ワンランク上のエントリー・モデル!バッカス・ベース|Bacchus/BTB-PJ BD (バタースコッチブロンド) メイプル指板 メイプル指板のエレキベース / 創りの良いエントリー・モデルがエレキベースストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。 けいおん!ではグッズだけでなく唯たち放課後ティータイ... センドリターン端子とはなんぞや? VUシェイプ:キラープライムに採用されている、ローポジションのVシェイプからハイポジションのUシェイプに滑らかに変化していくグリップ。 非対称グリップ:ミュージックマンのAXISなどに採用されている、低音弦側はCシェイプ、高音弦側はVシェイプのグリップ。 ウィザード・ネック:Ibane… ギター・ベース全般の指板として使用される事がほとんどです。 また元々希少な材である上に、現在は採取も難しくなってきていることから、リッチライト(いずれ触れます)という人工エボニー材もギターの指板に採用され始めています。 ギターの指板は材質で音がどの様に変わるのか? エディー・ヴァン・ヘイレンがギター指板をメイプル指板からローズウッド指板に変えた!?と思ったら、より高級なエボニー指板でした。 さすが、一流の … 家具やオーボエ等にも使用されます。主に指板に使用されることの多い木材。ルイ14世とルイ15世がこの木材を使った家具を好んだことで、キングウッドという名を与えられました。 やはりローズウッドの一種であるため、固めの音質が特徴。 K.YairiとS.Yairi、そしてA... アニメが当たるとグッズが売れるのはもはや当たり前。 今回は高級なギター・ベース・ウクレ... 【ギター・ベース】 楽器の手入れオススメのクロス&クロスの種類と特徴一覧 【メンテナンス】, Gibson カスタムショップCSシリアル・ヒスコレシリーズのシリアルナンバーの見方・読み方, K.Yairi / S.Yairi / A.Yairiの違いと特徴【日本が誇るアコギメーカー】, FENDER USA・FENDER MEXICOのシリアルナンバーの読み方・見方と製造年代. ベースを弾くとき、左手で弦を押さえて音を鳴らします。その押さえる場所の板を指板(フィンガーボード)と言います。 そしてこの指板は、ベースによって材質の種類が違います。 まぁ予想通り木目の透けたイエローなわけですが、 思ったよりくすんでます。 デジカメの設定を変えて。こっちの方が色は正確かな。 もっと薄ーい黄色を期待していましたが、どっちかというと カラシ色 と表現した方が正しい気もします。 指板(しばん、フィンガーボード、フレットボードとも)は弦楽器の一部分である。ネックの表面に貼られた薄く長い木片で、この上に弦が張られる。演奏時に弦を指板に押さえつける位置を変えることにより、振動長を変え、結果的に音程が変わる。 今回は木材学ということで、ギター・ベースに限らず、弦楽器には欠かせない指板について解説します。 指板とは、弦を押さえた時に弦や指が当たるネック上の木材のことですね。 エレキギターやアコースティックギター、普通のベースやウクレレなどフレットがある場合でも、直接触れることはなさそうでも意外と結構触っていたりします。 頻繁に触れ弦を押さえつける場所で、なおかつ指板材の硬度がネックの反りくさにも影 … ベースの各部名称を解説させていただきます。ベースは大きく分けてヘッド、ネック、ボディの3つの部位から構成されていて、それぞれに役割や機能があります。楽器の特性を理解することで、より良い演奏のヒントが見つかることもあります。ぜひこの機会に覚えてみましょう。 ボディー材はルックスにも音響にも密接に関わる、ギター・ベースの重要要素の一つです。, バスウッドは全体的にはアルダーと特性の似た白木ですが、赤みが少なく木目も薄い地味なルックスの木材です。, 柔らかいので加工性に優れ、他のアルダー、マホガニー、アッシュなど高級木材に比べ価格も安いため製造コストが安く上がる特徴があります。, そういった事情で廉価なストラトキャスターモデルのアルダーやレスポールモデルのマホガニーの代替材として使われることもあります。, 例えばミュージックマンのエレキギターバック材に使われるなどそれなりに高額なモデルでも使用されています。, 木材の場合、特に音響特性の良さではなくその材がどれだけ入手しやすいかで価格が決まる傾向があるためバスウッドが安いだけで、安い=悪いワケではないことは憶えておきましょう。, 最近は入門者向けのギター、ベースでも更なるコストダウンを図ってか、バスウッドですらない謎の木材が使われ、仕様にはハードウッドなどと書かれていたりします。, (使用例としてバスウッドを使ったギターの画像を載せたいところでしたが、木目があまりにも地味なため塗りつぶされることがほとんどで写真が見つかりませんでした), BASSWOODなんて名前ながら別にベース用の木材だとか、低音が出やすいわけではありません。, 外観も含め、他の木材に比べこれといった特徴がないのが特徴。ガンダムで言うジムみたいな。, アルダーはバスウッドに比べ少し赤みがかった色で、木目の出方もしっかりしている点が特徴的。, アッシュやメイプルなど他の木材に比べ比較的まだ軽量で柔らかい部類ですが、バスウッドと比較すれば重みがあり、若干堅めの木材です。, アルダーは、主にストラトキャスターやテレキャスター、ジャズベース、プレシジョンベースなどフェンダー系のエレキギター・ベースのボディー材として使用されてきた伝統的な木材です。, 後述する音響特性のバランスの良さに相まって、フェンダーに限らず色々なメーカーのギターやベースで広く使われています。, アルダーは中音域の特性が強く、『 中音域に粘りのあるサウンド 』などと評されます。中音域は往年のギターロックで最も重要視される音域のため、特に重宝されています。, とは言っても極端に中音域ばかり強調されるわけではなく、音質は硬すぎず柔らかすぎず、極端なくせのないバランスの取れた音響特性を持っています。, マホガニーはギターやベースで使われる材の中では比較的軽量で、柔らかく加工性も優れた木材です。, 外観的には赤みがかった茶色・褐色で、導管が太いのが特徴。塗装の段階でウッドフィラーで導管を埋めるのが一般的です。楽器のみならず、木製の高級家具などでもよく使われる高級木材。, 稀にメイプルのような杢が入ることもありますが、ギターのボディー一面に使える程均等に広く出ることはあまりなく、フレームメイプルの様な人気はありません。, エレキギターでは特にレスポールやSGなどギブソン系のエレキギターのボディー材としてガンガン使われています。, またエレキギターのボディーだけでなく、ネックやアコースティックギターのボディーのサイド・バック材としても長年使用されてきた歴史の深い高級木材です。, マホガニーはエレキギター・ベースのボディーに使用した場合、丸く柔らかい、暖かみのある音に仕上がる音響特性を持っています。, しかし低音域と高音域、いわゆるハイとローが出にくい上に音が柔らかくアタック感もないため、音が埋もれがちな一面もあります。, SGはあえてこのメリハリのない特徴を利用し、反対に中音域を全面に押し出しています。, 一方、レスポールの場合はマホガニーの上にメイプルを貼り合わせて音の立ち上がりやアタック感、メリハリを出しています。, アッシュはかなり硬く重量のある木材で、木目が大きく出たクセの強いルックスが特徴的な白木です。, 大きな節が出やすい木でもあり、外観上良質な材を確保するのが年々難しくなっています。楽器ではエレキギターやベースのボディー材以外ではあまり使われていません。, 導管がかなりしっかりとしているため、マホガニーと同じく塗装の段階でウッドフィラーで導管を埋めて目止めを行う必要があります。, また油分が少ないのでマシといえばマシですが、非常に硬いため細かい欠けなどが起こりやすく加工性としてはあまりいいとはいえません。, しかし木材自体が白いためウッドフィラーに色をつけて個性を出したモデルも多々あり、エキゾチックな木目も活かした見た目の個性が強い楽器が多いです。, ギターやベースで使う場合、白味の強いホワイトアッシュと、若干黄身がかったスワンプアッシュの二種類に分別されます。, 基本的な特性は同じですが、ライトアッシュ、ライトウウェイトアッシュとも呼ばれるスワンプアッシュはホワイトアッシュに比べ若干比重が軽く、柔らかい特徴ががあります。, アッシュならではのサウンドとそのエキゾチックな外観から愛好家も多いのは確かですが、やはりアルダーに比べ音の傾向も偏りがちで重量もあるため、プレイアビリティは優れているとは言えません。, なお、アッシュの中でもスワンプアッシュや比較的軽量なライトアッシュ、ホワイトアッシュなどいくつか種類や呼び名がありますが、今回はアッシュ全般で解説をしております。, (もうお気づきの方もいらっしゃるでしょう。アッシュの説明がやたら長いのは、管理人がアッシュ好きだからです), アッシュは特にフェンダーの初期や70年代のエレキギター・ベースで特によく使用されました。, 70年代以降もフェンダー社がストラトキャスターやジャズベースなど人気モデルのボディー材にアルダーを使ってみたりアッシュを使ってみたり、両方の材を使ったモデルを併売したり。, そういった経緯もあってアルダーとよく比較され、ライバルとして扱われることも多い木材です。, 現在でもアルダーモデルと並んでアッシュを使ったストラトキャスターやテレキャスター、ジャズベースなどが製造されています。, 他にもESPなど新進気鋭のギターメーカーでもそのエキゾチックな外観を活かす形で多用され、人気を博しています。, ボディー材にアッシュを使った場合、硬くパキッとしたエッジの立ったハイ寄りのトレブリーなサウンドに仕上がります。, 高音域にクセがあるため、ピックアップの種類やセッティングによっては耳につくキンキンとしたサウンドになる場合もあります。, ボディー材としてよりもエレキギター・ベースのネックや指板としてよく使用される材です。, 更にソフトメイプル、ハードメイプルと細かく分類することができますが、総じて硬く重いと言うのが特徴。外観的には白い木で木目もそれなりにしっかりとしています。, 硬い木らしく音の立ち上がりが早く、アタック感のありしっかりと芯の通った音響特性を持っています。, エレキギター・ペースのボディーへでメイプルを使う場合、レスポールスタンダードのボディーのトップ材としてマホガニーの上に貼り合わせる使い方が挙げられます。, このように他のボディー材と組み合わせて使うことが一般的で、メイプルのみでボディーを構成することはあまりない木材です。, 重すぎる・音が硬すぎる・硬くて加工が大変の三重苦で実用レベルではないのです。リッケンバッカーもメイプルをボディー材としてよく使っていますが、中をくり抜いたセミホロウギター仕様にしています。, 管理人、一度実験的に製作されたオールメイプルボディーのストラトを持ってみたことがあります。, 感想はただ一言、滅茶苦茶重い。座って弾けばボディーが膝に、立てばストラップが肩に食い込む代物。大げさではなく、普通のストラトの倍は重かったのではないかと思うほど。, リッケンバッカーのようにくり抜くか、せめてチェンバード加工でもしないととても使えたものではないでしょう。ちなみにハードメイプルはボウリング場の床材としても使用されています。豆知識。, マホガニーの項目でも紹介した通り、メイプルはレスポールのトップ材として使われることが多い木材です。, 他にもPRSやIBANEZなどモダンスタイルのエレキギター、ベースブランドのモデルによく使われています。, 実はメイプルがトップによく使われるのは音響のためだけでなく、派手で美しい杢が出ることがあるため装飾目的で使っている側面もあります。, フレームメイプルとも言われるいわゆる虎杢や、キルテッドメイプル(キルトメイプル)など、派手な杢が出たものや、スポルテットなど特殊なメイプル材は人気が高いです。, しかし模様の出方が不均等なことが多く細かいため主にネックに使用されボディー材にはあまり使われません。, なお、実はフレームメイプルもフレームメイプルもバーズアイも木材としては病気、奇形の類で珍しいもの。木材自体が高価なため基本的には高価なモデルに使われます。, 1万円台の安価なモデルでもキルトメイプルやフレームメイプルなど杢の出たメイプルが使われたギターやベースを見かけることがあるでしょう。, こういったものは実際に杢の出たメイプルを使わず薄いフィルムを貼って杢を再現したフェイクか薄くスライスしたメイプルを貼っていることがほとんどです。, ちなみに杢が出るのはソフトメイプルがほとんどで、ハードメイプルで杢が出るのは非常にレアです。, メイプルはアッシュ同様非常に硬い木材のため音の立ち上がりが早くアタック感の強いトレブリーなサウンドです。, レスポールに使われているのもマホガニーのみでは音が落ち着きすぎてしまうため、メイプルをトップに使うことによって音にメリハリを持たせることが目的でしょう。, 実際、マホガニーオンリーのSGやレスポールジュニアなどに比べ、レスポールの方がメリハリが効いたサウンド。, エレキギターやベースのサウンドの9割はピックアップマイクとアンプで決まると言っても過言ではありません。, よほどそのセッティング環境に慣れていなければ音だけで判別することは難しいでしょう。しかし、そのギターで音作りと演奏を行うプレイヤーは、ボディー材の特性の違いを必ず感じるはずです。, 木材はルックスはもちろん、そういったサウンドや、重さによる演奏性への影響も少なからずある部位です。なお、木材は天然の素材なので必ず個体差がありますし、木材よっては上記の特徴に当てはまらないものも多々あります。, なお、今回はエレキギター・ベースのボディーによく使われるメジャーな木材をピックアップしていますが、マイナーな木材も別途記事にしています。. 指板塗装(ラッカー) 1ヶ月〜 10,000円〜 ニトロセルロースラッカー再塗装: フレットの修理と同時に必要になる場合があります。 指板塗装(ポリウレタン) 2週間〜 10,000円〜 ポリウレタン再塗装: フレットの修理と同時に必要になる場合があります。 Squier エレキベース Mini P Bass®, Laurel Fingerboard, Blackがエレキベースストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。 エドワーズ(edwards)|フレットレスベース・コーティング指板の商品詳細ページ。ネットモールは、全国で中古品を扱うハードオフコーポレーションの公式総合中古通販サイトです。 エレキベースのリペア料金表。基本的な修理技術料金をご案内。島村楽器のリペア総合案内サイトでは、拠点案内、料金表、技術スタッフ紹介、よくある質問などを掲載。修理・調整のご依頼は全国各店で承ります。メールによる事前お見積りも受付中。 指板(フィンガーボード)はフレットを安定させるという役目があるため頑丈な木材が選ばれます。弦振動を直接受け止めるパーツになるのでサウンドに影響しますが、色調にも違いがあり、ギタリストのこだわるポイントになっています。 エボニー指板は、真っ黒な指板材として知られています。 非常に密度の高い木材で、ローズウッドに比べても木目が細かいことから、白っぽくならず、ローズよりも立ち上がりの早いダークな音色が特徴で … ギブソンのシリアルナンバー・製造年代の見方... ヘビメタ御用達!?のローダウン・ドロップチューニング 個人差はあれど、弦は... ラッカー塗装の特徴

ダイソー ラジコン 改造, 古畑任三郎 イチロー あらすじ, 住宅ローン 一括返済 売却, ヨドバシカメラ Switch 倍率, 彼女 結婚話 し なくなった, 警察署 管轄区域 地図, レブロン 17 イースター, みずほ銀行 引き出し 窓口, 40代 4人家族 生活費, 手帳カバー B6 ロフト, Nhk 韓国ドラマ 過去 一覧,


カフェ&レストラン「LUANA(ルアナ)」
TEL:052-893-7593